魅力ある飲食店作りのために

コンセプトに合う物件選びと内外装工事

物件選びはメリットとデメリットを見極める

コンセプトが決まったら、次は立地探しです。地域・交通手段・広さ・賃料などを具体的にイメージして選びましょう。特に賃貸の場合、お店の経営に関わらず固定費となるので気をつけなければなりません。
どの物件も必ずメリット・デメリットがあるので、そこを見極めて考えてください。例えばサラリーマン層を狙う居酒屋やラーメン店ならビジネス街が最適ですが、休日の集客は諦めなければならないでしょう。ファミリー向け洋食店なら駅から離れた住宅街でもよいのですが、落ち着いて料理の味を楽しめるお店にするのは難しいかもしれません。
内装や設備が全て取り払われたスケルトン物件、前のお店からそのまま引き継ぐ居抜き物件、どちらにするかも考えましょう。スケルトンは思いのままのお店作りができますが、コスト増は避けられません。初めて開業するなら、自分のイメージ通りにはできませんが低コストでスピーディに進められる居抜きをおすすめします。

内外装工事・看板を依頼する時の注意点

フランチャイズでなく個人経営の飲食店の場合、内外装と看板は重要な集客ポイントになります。お客様にとって「感じのよい」お店・料理が美味しく安全だと感じられるお店である事が肝心ですが、それを予算内で実現しなければなりません。
相談するのは施工業者やリフォーム会社ですが、オリジナリティを求め予算に余裕があるなら、設計事務所やインテリア系のコーディネーターに依頼することも可能でしょう。「良い」と思う他店の写真をストックしておいて提示すれば、より具体的なイメージが伝わります。
依頼する時は、必ずなるべく多くの会社から見積もりをとって比較検討しましょう。条件だけでなく、相性も「合う」と感じる施工業者に頼んだ方が、後々スムーズに進みます。
なお、予算オーバーや工期遅れといったトラブルを想定して、契約書には追加工事や日程延長に関する細かい条項を必ず盛り込んでお互いに確認するのを忘れないでください!