お店を始めるためのマニュアル~飲食店編~

魅力ある飲食店作りのために

目指せ人気店!飲食店を始めるために必要なこと

飲食店の開業でまず第一に考えなければならない「コンセプト」とは?熱意があっても漠然とした思いだけでは、方向性を失い魅力に欠ける店になってしまいます。 また資金面はどうすれば?借入先としておすすめなのは?事業計画をしっかり立て、コストの把握をしておかなければ、本来の目的である料理に集中できません。

飲食店開業に最も重要なのはコンセプトと資金

食べること・美味しいものを作ること・人を喜ばせることが好きな人なら、飲食店の起業にピッタリでしょう。しかし他業種と比べて新規参入がしやすい代わりに、廃業率が高いというリスクもあります。
お客様にとって魅力があり、自分も楽しんで続けられるお店にするためのノウハウを、事業計画(コンセプト・資金)→店舗作り(立地・内装)→開店準備(メニュー・スタッフ)の順に紹介します。
またここでは、開業の手順以外に欠かせない資格・届出・宣伝についてもご案内します。

◆必要な資格2種
【食品衛生責任者】各地域の自治体・保健所に行って受講費(1万円程度の)と1日の講習を終えたあと、自治体に申請することで取得。調理師や栄養士の資格保持者は、講習を受けずに取得できる。
【防火管理者】席数30名以上の飲食店では設置が義務づけられている、消防法で定められた国家資格。所轄の消防署・自治体等が主催する講習を受けて取得。
※調理師免許は飲食店業において義務づけられてはいないが、保持者がいるとお客様の満足感と安心感につながる。

◆届け出各種
絶対に不可欠な【食品営業許可申請】と【火を使用する設備等の設置届】のほか、お店の規模や事業形態・営業時間によってさまざまな届け出が必要です。1人で調べて手続きをするのが大変ならば、費用はかかりますが行政書士に依頼できます。

◆効果的な宣伝
新規開店のPRとしては、工事中のお店にポスター類を貼る・新聞に折り込み広告を入れる・街頭やポスティングでチラシを配る等が今までのスタンダードでした。
最近の宣伝手段として大いに活用したいのは、SNSです。出来上がっていく内装の経過や一部メニューの紹介などをFacebookやTwitterに画像でアップすれば、期待感が高まります。ただSNSは更新頻度が少なすぎると飽きられてしまい逆効果なので、手間を惜しまずマメに更新する事をおすすめします!

コンセプトに合う物件選びと内外装工事

お店の立地はどう選ぶ?またスケルトンと居抜き、どちらにする?どの物件にもあるメリットとデメリットを見極めなければなりません。 そして内外装工事や看板を依頼する時には、どこに頼む?見積もりは?後でトラブルにならないよう、契約時に気をつけなければならない事もあります。

メニューとスタッフで満足感を!

料理が美味しければ、お客様は満足するのでは?と思うのは間違いです。メニュー内容や見た目でもアピールしなければ、リピート客は望めないでしょう。仕入れにも注意する点があります。 またスタッフの人数と選考はどうすれば?適切なシフト管理と気持ちのよい接客こそ、人気店となるカギになります!